○大田市庁舎管理規則

平成17年10月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、公務の円滑かつ適正な執行を確保するため、市庁舎の管理及び秩序の維持について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「市庁舎」とは、市役所本庁舎、分庁舎及び支所をいう。

(許可行為)

第3条 市庁舎又は市庁構内において、次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売その他これに類する商行為又は講演その他宣伝行為

(2) ビラ、ポスターその他の広告物を配布し、又は掲示すること。

(3) 陳情、参観等のため多数が同時に市庁舎内に入るとき。

(休日等における庁舎の出入り)

第4条 日曜、休日又は執務時間外(以下「執務時間外」という。)に市庁舎内(分庁舎を除く。)に入ろうとする者は、当直員の許可を受けなければならない。

2 当直員は、執務時間外に市庁舎内にいる者に対して身分証明書又は所持品の提示を求め、若しくは前項の許可を受けたか否か等を質問することができる。

3 市庁舎(分庁舎を除く。)を退出しようとする場合は、当直員に届け出なければならない。

(行為の許可)

第5条 市長は、第3条又は前条の許可をする場合において、必要な条件を付けることができる。

(禁止行為)

第6条 市長又は当直員は、次の各号のいずれかに該当するときは、関係者に対し市庁舎又は市庁構内に入ることを禁止し、若しくは退去を命ずることができる。

(1) 凶器その他危険物を携行する者があるとき。

(2) 酒気を帯びていると認められるとき。

(3) 旗、のぼり、宣伝板等をもって庁舎内に立ち入り、又は集団で構内の秩序を妨げるおそれがあるとき。

(4) 著しく庁舎内又は構内の通行を妨げるおそれがあると認められるとき。

(5) 第3条又は第4条の許可を受けず、又は許可の事実と相違した行為をし、若しくは前条の規定による条件に反したとき。

(6) 公務の執行又は庁規の保持に支障を及ぼすおそれがあるとき。

2 職員は、前項各号のいずれかに該当する事実を発見したときは、速やかに市長又は当直員に通知しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の庁中規律に関する規則(昭和63年大田市規則第3号)、庁舎管理に関する規則(昭和41年温泉津町規則第9号)又は仁摩町庁舎管理規則(昭和58年仁摩町規則第18号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

大田市庁舎管理規則

平成17年10月1日 規則第11号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
平成17年10月1日 規則第11号