○大田市立学校施設等使用条例

平成17年10月1日

条例第85号

(目的)

第1条 この条例は、市民の体育活動並びに文化活動の振興に資するため、大田市立学校の施設及び設備を、学校教育に支障のない範囲において、市民の使用に供すること(以下「学校開放」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務の管理)

第2条 学校開放に関する事務は、大田市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理するものとする。

(使用施設等)

第3条 学校開放により使用に供する施設及び設備は、大田市立学校の校舎、体育館及び運動場並びにこれらに附帯する設備及び備品(以下「施設等」という。)とする。

(使用の許可)

第4条 施設等を使用しようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、施設等の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(使用の中止又は取消し)

第5条 次の各号に掲げる場合においては、教育委員会は、施設等の使用を中止し、又は使用の許可を取り消すことができる。

(1) 前条第2項の規定による条件に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(3) 公益上やむを得ない事由が生じたとき。

(4) 災害、事故等により施設等の使用ができなくなったとき。

(5) その他前条の規定により使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、この条例又はこの条例に基づく規則等に違反したとき。

(権利の譲渡等の禁止)

第6条 使用者は、施設等の使用の権利を譲渡し、又は転貸することはできない。

(使用料)

第7条 使用者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。ただし、市長は、特別の事由があると認めるときは、これを減免することができる。

(原状回復の義務)

第8条 使用者は、施設等の使用が終わったとき又は前条の規定により使用を中止され、若しくは使用の許可を取り消されたときは、直ちに原状に復さなければならない。

2 前項の義務を履行しない場合は、市長が代わってこれを執行し、使用者はその費用を弁償しなければならない。

(損害賠償の義務)

第9条 故意又は過失により施設等をき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の大田市立学校施設等使用条例(平成10年大田市条例第2号)、温泉津町立小学校及び中学校の施設の開放に関する規則(平成7年温泉津町教育委員会規則第4号)又は仁摩町立小学校及び中学校の施設(屋内運動場)開放に関する規則(昭和54年仁摩町教育委員会規則第2号)(以下これらを「合併前の条例等」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の規定は、施行日以後の申請に係る使用料について適用し、施行日前の申請に係る使用料については、なお合併前の条例等の例による。

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

使用料

体育館

1回につき648円

備考

1 1回の使用は、4時間までとする。

2 使用料の額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

大田市立学校施設等使用条例

平成17年10月1日 条例第85号

(平成26年4月1日施行)