○大田市立幼稚園保育料減免取扱規程

平成17年10月1日

教育委員会訓令第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、大田市立幼稚園保育料条例(平成17年大田市条例第86号)第3条第1項の規定に基づき、大田市立幼稚園の保育料(以下「保育料」という。)の減免に関し必要な事項を定めるものとする。

(減免の要件)

第2条 大田市幼稚園保育料条例第3条に規定する特別の事情とは、次の各号のいずれかに該当することとする。

(1) 保護者の所得が前年より減少し、著しく貧困となったとき。

(2) 天災その他の災害を受けたとき。

(3) その他特別の事情があると教育長が認めたとき。

(減免の更新及び取消し)

第3条 保育料の減免は、学年ごとに更新するものとする。ただし、減免資格を喪失した場合は、学年の中途においても減免を取り消すものとする。

(出願手続)

第4条 保育料の減免を受けようとする者は、別記様式による保育料減免願書を幼稚園長に提出し、幼稚園長は、これに意見書を添えて教育長に提出しなければならない。

(減免の決定)

第5条 保育料の減免は、教育長がこれを決定する。

2 前項の決定は、幼稚園長を経て園児の保護者に通知する。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の大田市立幼稚園保育料減免取扱規程(昭和51年大田市教育委員会規程第1号)又は温泉津町立井田幼稚園保育料徴収条例(昭和39年温泉津町条例第7号)においてなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年教委訓令第1号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

画像

大田市立幼稚園保育料減免取扱規程

平成17年10月1日 教育委員会訓令第4号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第4号
平成27年3月27日 教育委員会訓令第1号