○大田市生涯学習センターの管理に関する規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第29号

(目的)

第1条 この規則は、大田市生涯学習センターの設置に関する条例(平成17年大田市条例第92号)第3条の規定に基づき、大田市生涯学習センター(以下「センター」という。)の組織、管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 センターは、併設の仁摩図書館(以下「図書館」という。)と協力し、大田市の生涯学習推進に関する事業を行う。

(館長及び職員)

第3条 センターにセンター長ほか必要な職員を置く。

2 職員は、図書館職員をもって充てることができる。

(開館時間)

第4条 センターの開館時間は、午前10時から午後6時までとする。ただし、センター長は、必要があると認めるときは、開館時間を変更することができる。

(休館日)

第5条 センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、センター長は必要があると認めるときは、休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(1) 火曜日(火曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日も休館)

(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日(当該日が土曜日又は日曜日に当たるときは、開館)

(3) 毎月末の日(月末の日が土曜日又は日曜日に当たるときは、直前の平日とする。)

(4) 12月28日から翌年の1月3日まで

(5) 図書館の特別整理期間

(施設の利用)

第6条 センター内施設の利用については、次のとおりとする。

(1) 美術工作室の利用は、事前予約制とする。利用できる団体は、市内の社会教育団体とし、営利目的や楽器等により音を発する利用はできない。

(2) ボランティア活動室の利用を希望する団体は、事前に構成員名簿、代表者連絡先及び活動内容等を付けた団体登録申請書を提出するものとする。

(3) センター内での飲食は、市民サロンのみとする。

(入館の制限)

第7条 センター長は、センターの秩序を乱す行為のある者に対しては、入館を禁止し、又は退館させることができる。

(利用の制限)

第8条 センター長は、この規則及びセンター長の指示に違反した者に対しては、センターの利用を一時停止し、又は禁止することができる。

(損害賠償の義務)

第9条 センターの施設又は設備その他の物件を故意又は過失によりき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長の承認を受けてセンター長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、仁摩町生涯学習センターの管理に関する規則(平成16年仁摩町教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年教委規則第9号)

この規則は、平成21年12月1日から施行する。

附 則(平成22年教委規則第8号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

大田市生涯学習センターの管理に関する規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第29号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会規則第29号
平成21年11月27日 教育委員会規則第9号
平成22年3月25日 教育委員会規則第8号