○大田市体育施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第95号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、大田市体育施設(公園施設であるものを除く。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 スポーツの振興を図り、市民の心身の健全なる発達に寄与するため、大田市体育施設を設置する。

(名称及び位置)

第3条 大田市体育施設の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(使用の許可)

第4条 大田市体育施設(設備を含む。以下「施設等」という。)を使用しようとする者は、大田市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、施設等の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付けることができる。

(使用料)

第5条 別表第1に掲げる施設等のうち、有料施設について、前条の規定による許可を受けた者は、別表第2に定める使用料を納付しなければならない。

2 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、使用者の責めに帰することのできない事由により使用することができなくなったときは、その全部又は一部を返還することができる。

3 市長は、公益上その他特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(許可の取消し)

第6条 教育委員会は、第4条の規定により許可を受けた者(以下「使用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消すことができる。

(1) 第4条第2項の規定による条件に違反したとき。

(2) 公益上やむを得ない事由が生じたとき。

(3) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(4) その他この条例又はこの条例に基づく規則等に違反したとき。

(使用権の譲渡等の禁止)

第7条 使用者は、施設等の使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(指定管理者による管理)

第8条 施設等の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者にこれを行わせることができる。

2 前項の規定により施設等の管理を指定管理者に行わせる場合は、第4条の見出し及び同条第1項中「使用」とあるのは「利用」と、「大田市教育委員会(以下「教育委員会」という。)」とあるのは「指定管理者」と、同条第2項中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、第6条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、「使用者」とあるのは「利用者」と、第7条の見出し中「使用権」とあるのは「利用権」と、同条中「使用者」とあるのは「利用者」と、「使用」とあるのは「利用」と、第11条中「使用者」とあるのは「利用者」と、「使用」とあるのは「利用」と、別表第2中「使用」とあるのは「利用」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替えるものとする。

(指定管理者の行う業務)

第9条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設等の維持管理に関する業務

(2) 施設等の利用申請の受付及び利用の許可に関する業務

(3) 利用料金の徴収に関する業務

(4) スポーツの普及、啓発及び振興業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(利用料金)

第10条 第5条の規定にかかわらず、第8条第1項の規定により施設等の管理を指定管理者に行わせる場合は、施設等の利用者は、指定管理者に、利用料金を支払わなければならない。

2 利用料金の額は、別表第2に定める額を上限として、指定管理者が市長の承認を得て定める額とする。

3 指定管理者は、特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、利用料金を減額し、又は免除することができる。

4 既に納付した利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者は、利用者の責めに帰することのできない事由により利用することができなくなったときは、市長の承認を得て、その全部又は一部を還付することができる。

5 市長は、指定管理者に、利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(原状回復の義務)

第11条 使用者は、施設等の使用が終わったときは、速やかに当該施設等を原状に復し、又は搬入した物件を撤去しなければならない。

(損害賠償の義務)

第12条 故意又は過失により施設等その他の物件をき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の体育施設の設置及び管理に関する条例(昭和52年大田市条例第19号)、三瓶スポーツ施設の設置及び管理に関する条例(平成12年大田市条例第4号)、大田運動公園の設置及び管理に関する条例(平成11年大田市条例第5号)又は仁摩町地区体育施設の設置及び管理に関する条例(昭和53年仁摩町条例第23号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年条例第1号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第6号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第19号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

区分

名称

位置

有料施設

大田市民第2球場

大田市久手町刺鹿747番地4

大田運動公園多目的広場

大田市鳥井町鳥井1284番地

大田運動公園野球広場

大田市鳥井町鳥井1284番地

馬路地区体育館

大田市仁摩町馬路836番地1

温泉津プール

大田市温泉津町福光イ295番地1

湯里地区体育館

大田市温泉津町町湯里1655番地

温泉津地区体育館

大田市温泉津町町小浜イ280番地1

井田地区体育館

大田市温泉津町町井田ロ255番地1

大代地区体育館

大田市大代町大家279番地2

富山地区体育館

大田市富山町山中1740番地

無料施設

高山テニスコート

大田市祖式町586番地

三瓶高原クロスカントリーコース

大田市三瓶町小屋原1911番地1

三瓶スポーツ広場

大田市三瓶町池田3354番地

三瓶シャワー施設

大田市三瓶町池田3353番地1

宅野地区運動場

大田市仁摩町宅野79番地

大国地区運動場

大田市仁摩町大国1269番地

馬路地区運動場

大田市仁摩町馬路836番地1

湯里地区運動場

大田市温泉津町町湯里1655番地

温泉津地区運動場

大田市温泉津町町小浜イ280番地1

井田地区運動場

大田市温泉津町町井田ロ254番地1

大代地区運動場

大田市大代町大家361番地1

富山地区運動場

大田市富山町山中1661番地4

別表第2(第5条、第10条関係)

(1) 大田市民第2球場

区分

単位

金額

生徒・児童が使用する場合

午前8時から正午まで

1,512円

午後1時から午後5時まで

1,512円

午前8時から午後5時まで

3,024円

午後5時30分から午後7時30分まで

756円






時間外に使用する場合

1回につき

756円

その他の者が使用する場合

午前8時から正午まで

3,024円

午後1時から午後5時まで

3,024円

午前8時から午後5時まで

6,156円

午後5時30分から午後7時30分まで

1,512円






時間外に使用する場合

1回につき

1,512円

備考

(1) 単位欄に掲げる時間(以下「表示時間」という。)の中途において、使用を開始し、又は使用を終えた場合においても、表示時間に対する使用料を徴収する。ただし、午前(午前8時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)を単位としているものについては、2時間ごとに区分して使用することができる。その場合の使用料は、上記に掲げる金額の2分の1とする。

(2) 表示時間を超えて使用した場合は、その超えた部分が属する表示時間に対する使用料をあわせて徴収する。

(3) 時間外の使用は、午後7時30分から翌日の午前8時までとする。

(4) 金額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

(2) 大田運動公園

施設の名称

区分

金額

多目的広場

午前6時から午前9時まで

半面 540円

全面 1,080円

午前9時から正午まで

半面 540円

全面 1,080円

正午から午後5時まで

半面 540円

全面 1,080円

午後5時から午後7時まで

半面 540円

全面 1,080円

午前9時から午後5時まで

半面 1,080円

全面 2,160円

野球広場

午前6時から午前9時まで

540円

午前9時から正午まで

540円

正午から午後5時まで

540円

午後5時から午後7時まで

540円

午前9時から午後5時まで

1,080円

備考

(1) 区分欄に掲げる時間(以下「表示時間」という。)の中途において、使用を開始し、又は使用を終えた場合においても、表示時間に対する使用料を徴収する。

(2) 表示時間を超えて使用した場合は、その超えた部分が属する表示時間に対する使用料をあわせて徴収する。

(3) 表示時間外(午後7時から翌日の午前6時までの間)に使用する場合は、1時間につき(1時間以内は、1時間とする。)108円を加算する。

(4) 金額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

(3) 馬路地区体育館

区分

金額

午前9時から正午まで

956円

午後1時から午後5時まで

1,286円

午前6時から午後9時まで

1,286円

午前9時から午後5時まで

2,243円

午後1時から午後9時まで

2,571円

午前9時から午後9時まで

3,528円

備考

(1) 区分欄に掲げる時間(以下「表示時間」という。)の中途において、使用を開始し、又は使用を終えた場合においても、表示時間に対する使用料を徴収する。

(2) 表示時間を超えて使用した場合は、その超えた部分が属する表示時間に対する使用料をあわせて徴収する。

(3) 表示時間外(午後9時から翌日の午前9時までの間)に使用する場合は、1時間につき(1時間以内は、1時間とする。)324円を加算する。

(4) 大田市内に住所を有する者が、産業、教育、文化、福祉及び保健体育活動等に使用する場合は、使用料を徴収しない。

(5) 金額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

(4) 温泉津プール

区分

金額

個人

幼児

51円

小学生・中学生

103円

高校生・一般

206円

団体

30人以上50人未満

個人使用料の額の9割に相当する額

50人以上

個人使用料の額の8割に相当する額

備考

(1) 使用の単位は1日(午前9時から午後5時まで)とする。

(2) 使用期間は、7月1日から8月31日までとする。

(3) 使用料の額は、消費税及び地方消費税相当額を含む。

(5) 湯里地区体育館、温泉津地区体育館、井田地区体育館、大代地区体育館、富山地区体育館

単位

金額

4時間当たり

648円

備考

(1) 使用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、教育委員会において、管理上必要があると認めるときは、使用時間を変更することができる。

(2) 4時間を超えて使用する場合は、4時間未満の端数は4時間として計算し、4時間増すごとに4時間当たりの使用料の額を加算する。

(3) 使用料の額は、消費税及び地方消費税相当額を含む。

大田市体育施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第95号

(平成26年4月1日施行)