○大田市町並み交流センターの設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第101号

(設置)

第1条 歴史的な町並みを保存し、かつ、その活用を図り、もって地域文化の振興に資するため、大田市町並み交流センター(以下「交流センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 交流センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

大森町並み交流センター

大田市大森町イ490番地

(開館時間)

第3条 交流センターの開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、大田市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、必要があると認めるときは、開館時間を変更することができる。

(休館日)

第4条 交流センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会は、必要があると認めるときは、休館日に開館し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(1) 火曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(事業)

第5条 交流センターは、次に掲げる事業を行う。

(1) 町並み保存事業の推進に関すること。

(2) 町並みに関する調査及び情報の提供に関すること。

(3) 地域の自然、歴史及び文化を生かした学習活動の支援に関すること。

(4) 住民の集会その他交流の場の提供に関すること。

(5) その他地域文化の振興のため必要と認める事業

(職員)

第6条 交流センターに、センター長その他必要な職員を置く。

(使用の許可)

第7条 交流センターの施設及び設備(以下「施設等」という。)を使用しようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、施設等の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付けることができる。

(使用の制限)

第8条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、施設等の使用を許可しない。

(1) 公の秩序及び善良なる風俗に反し、又は公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設等を汚損し、損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 第1条に規定する設置目的に反すると認められるとき。

(4) その他交流センターの管理上支障があると認められるとき。

(権利の譲渡等の禁止)

第9条 第7条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、施設等の使用の権利を譲渡し、又は転貸することはできない。

(許可の取消し等)

第10条 使用者が、次の各号のいずれかに該当するときは、教育委員会は第7条第2項の条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は許可を取り消すことができる。

(1) 使用の目的を変更したとき。

(2) 公益上やむを得ない事由が生じたとき。

(3) 前2号に定めるもののほか、この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

2 前項の措置を受けたことによって使用者が損害を受けた場合においても、市は補償の責任を負わない。

(使用料)

第11条 施設等のうち冷暖房設備及び附属設備の使用については、別表第1及び別表第2に定める使用料を徴収する。ただし、市長が特別の事由があると認めるときは、これを減免することができる。

(使用料の還付)

第12条 既に納められた使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の事由があると認めるときは、これを還付することができる。

(原状回復の義務)

第13条 使用者は、施設等の使用が終わったときは、直ちに当該施設等を原状に復さなければならない。

(損害賠償の義務)

第14条 交流センターの施設又は設備その他の物件を故意又は過失によりき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大田市町並み交流センターの設置及び管理に関する条例(平成4年大田市条例第17号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年条例第30号)

この条例は、平成20年10月20日から施行する。

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第11条関係)

冷暖房設備使用料

区分

使用料(1時間につき)

多目的ホール

1,080

会議室

216

研修室

216

調理室

216

備考

1 使用時間が1時間未満であるときは、1時間とし、使用時間が1時間を超える場合において1時間未満の端数があるときは、これを1時間として計算する。

2 使用料の額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

別表第2(第11条関係)

附属設備使用料

種別

名称

単位

使用料

超過時間1時間当たり

照明設備

パーライト(500w)

1台1回

162

54

ピンスポットライト

1台1回

270

54

フロアコンセント

1kw1回

108

0

ミラーボール

1台1回

432

54

音響設備

拡声装置一式

1式1回

1,620

54

ステージ返りスピーカー

1台1回

324

108

ワイヤレスマイク

1本1回

540

108

ダイナミックマイク

1本1回

324

108

カセットテープレコーダー

1台1回

1,080

108

CDプレーヤー

1台1回

1,080

108

ワイヤレス受信機

1式1回

1,080

108

映像設備

ビデオカセットデッキ

1台1回

1,080

216

レーザーディスクプレーヤー

1台1回

1,080

216

ビデオプロジェクター

1式1回

3,240

540

備考

1 午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)、夜間(午後6時から午後10時まで)の使用区分をもってそれぞれ1回とする。

2 使用料の額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

大田市町並み交流センターの設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第101号

(平成26年4月1日施行)