○おおだファミリーサポートセンター事業実施要綱

平成17年10月1日

告示第28号

(目的)

第1条 この要綱は、育児の援助を依頼したい者と援助を行いたい者からなる会員組織としておおだファミリーサポートセンター(以下「センター」という。)を設置し、会員が育児の相互援助活動(以下「相互援助活動」という。)を行い、安心とゆとりを持って子育てができるように子どもを持つ家庭を地域で支援することを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、大田市とする。ただし、適正な事業運営が確保できると市長が認める場合には、事業の運営の全部又は一部を特定非営利活動法人等に委託することができるものとする。

(センターの業務)

第3条 センターは、次に掲げる業務を行う。

(1) 会員の募集、登録に関すること。

(2) 会員の相互援助活動の調整に関すること。

(3) 会員に対する講習会及び会員相互の交流会の開催に関すること。

(4) 事業を円滑に進めるための連絡調整に関すること。

(5) 定期的な広報誌の発行等の広報業務に関すること。

(6) その他事業の目的達成に必要な業務にかんすること。

(会員)

第4条 センターを利用しようとする者は、会員登録をしなければならない。

2 センターは、次に掲げる者を会員として登録する。

(1) 依頼会員 育児の援助を依頼したい者

(2) 援助会員 育児の援助を行いたい者

(会員登録の対象者)

第5条 会員登録の対象となる者は、次に掲げる要件を満たす者とする。

(1) センターの目的を十分に理解していること。

(2) 大田市に居住、勤務又は在学していること。

(3) 依頼会員にあっては、当該会員が保護者となっている生後6箇月以上小学校6年生以下の子どもを有すること。

(4) 援助会員にあっては、心身ともに健康で、積極的に援助活動を行うことができる20歳以上の者であること。

2 依頼会員と援助会員の登録は、重複して行うことができる。

(スタッフ)

第6条 センターにアドバイザーを置き、必要に応じて会員の中からサブリーダーを選任することができる。

2 アドバイザーの職務は、次のとおりとする。

(1) センター事業内容の周知及び啓発に関すること。

(2) 会員の募集及び登録等に関すること。

(3) 会員の相互援助活動の調整に関すること。

(4) 会員間に生じた問題の解決又は助言に関すること。

(5) サブリーダーの育成及び指導に関すること。

(6) その他センターの運営について、市が指示する事項に関すること。

3 サブリーダーは、相互援助活動に対する協力者として、アドバイザーの指示を受けて、会員の相互援助活動の調整等を行う。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、センターの運営に関し必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成20年告示第35号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

おおだファミリーサポートセンター事業実施要綱

平成17年10月1日 告示第28号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年10月1日 告示第28号
平成20年3月31日 告示第35号