○大田市保健センターの設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第121号

(設置)

第1条 市民の健康の保持及び増進を図るため、地域保健に関し必要な業務を行うとともに、市民の自主的な保健活動の場に資するため、大田市保健センター(以下「保健センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 保健センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

温泉津保健センター

大田市温泉津町小浜イ486番地

仁摩保健センター

大田市仁摩町仁万540番地1

(業務)

第3条 保健センターは、次に掲げる業務を行う。

(1) 健康相談及び健康教育に関すること。

(2) 保健指導及び栄養指導に関すること。

(3) 各種健診及び検診並びに予防接種に関すること。

(4) その他保健センターの設置目的を達成するために必要な事業に関すること。

(開館時間)

第4条 保健センターの開館時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第5条 保健センターの休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これらを変更することができる。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(職員)

第6条 保健センターに、必要な職員を置くことができる。

(利用の許可等)

第7条 市長は、保健センターのうち次に掲げる施設を一般に利用させることができる。

(1) 温泉津町保健センターの集団会議室、栄養運動指導室及び待合室

(2) 仁摩町保健センターの研修室、介護指導室、訓練室及び栄養指導室

2 前項に規定する施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ市長に利用の申請をし、その許可を受けなければならない。利用者が、許可された事項を変更する場合も同様とする。

(使用料)

第8条 保健センターの施設の使用料は、無料とする。

(利用の制限)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、保健センターの利用の許可をしない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 保健センターの施設又は設備を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 営利を目的とするとき。

(4) 政治団体活動を目的とするとき。

(5) 他の利用者に著しく迷惑をかけるおそれがあると認められるとき。

(6) 前各号に掲げるもののほか、保健センターの管理運営上支障があると認められるとき。

(利用許可の取消し等)

第10条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、保健センターの利用許可を取り消し、又は利用を停止し、若しくは制限すること(以下「取消し等」という。)ができる。

(1) この条例に違反して利用しようとするとき、又は利用したとき。

(2) 利用中において、著しく秩序を乱す行為があったとき。

(3) 利用に関して、職員の指示に従わないとき、又は利用上遵守すべき事項に違反する行為があったとき。

(4) 市において緊急に利用する理由が生じたとき。

(5) 利用申請に偽りがあったとき。

(原状回復の義務)

第11条 利用者は、保健センターの施設等の利用が終わったときは、速やかに当該施設等を原状に回復しなければならない。前条の規定により取消し等の処分を受けたときも同様とする。

(損害賠償)

第12条 利用者は、利用中に保健センターの施設、設備等を汚損、破損、若しくは滅失したときは、原状に回復し、又はそれによって生じた損害を賠償しなければない。

2 第10条の規定による取消し等を行った場合において、市長は、当該取消し等に伴う損害賠償の責めを負わない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、保健センターの管理及び運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の温泉津町保健センター設置及び管理に関する条例(昭和56年温泉津町条例第14号)又は仁摩町保健センター設置及び管理に関する条例(平成12年仁摩町条例第29号)の規定によりなされた処分、手続きその他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

大田市保健センターの設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第121号

(平成17年10月1日施行)