○大田市民会館の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第138号

(設置)

第1条 市勢の発展を図り、市民の福祉増進に寄与するため、市民集会の場として大田市民会館(以下「会館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

大田市民会館

大田市大田町大田イ128番地

(指定管理者による管理)

第3条 会館の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者にこれを行わせることができる。

(指定管理者の行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 会館の施設及び設備(以下「施設等」という。)の維持管理に関する業務

(2) 施設等の利用申請の受付及び利用の許可に関する業務

(3) 利用料金の徴収に関する業務

(4) 文化振興を目的とする各種の催しの企画及び実施に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(開館時間)

第5条 会館の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、開館時間を一時的に変更することができる。

(休館日)

第6条 会館の休館日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(利用の許可)

第7条 施設等を利用しようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、施設等の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付けることができる。

(利用の制限)

第8条 次の各号のいずれかに該当するときは、施設等の利用を許可しない。

(1) 公の秩序若しくは善良な風俗に反し、又は公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(3) 施設等を汚損し、損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(4) その他指定管理者が適当でないと認めるとき。

(利用権の譲渡等の禁止)

第9条 第7条第1項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、施設等の利用の権利を譲渡し、又は転貸することはできない。

(特別の設備)

第10条 利用者は、施設等の利用に際し、特別の設備をし、又は備付けの器具以外の器具を利用しようとするときは、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(利用許可の取消し等)

第11条 次の各号のいずれかに該当するときは、指定管理者は、利用の条件を変更し、若しくは利用を停止し、又は利用の許可を取り消すことができる。

(1) 利用の目的を変更したとき。

(2) 第7条第2項の条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正の手段によって許可を受けたとき。

(4) 利用料金を指定した日までに納入しないとき。

(5) 第8条各号のいずれかに該当する事由が判明し、又は生じたとき。

2 前項の措置によって利用者が損害を受けても、市長及び指定管理者は、補償の責任を負わない。

(利用料金)

第12条 施設等の利用者は、指定管理者に利用料金を支払わなければならない。

2 前項の利用料金は、第7条の利用の許可を受けたとき、直ちに納付しなければならない。ただし、指定管理者が特別の事由があると認めるときは、この限りでない。

3 利用料金は、別表第1及び別表第2に定める額を上限として、指定管理者が市長の承認を得て定める額とする。

4 指定管理者は、特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、利用料金を減額し、又は免除することができる。

5 市長は、指定管理者に、利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(利用料金の還付)

第13条 既に納められた利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者が特別の事由があると認めたときは、市長の承認を得て、その全部又は一部を還付することができる。

(原状回復の義務)

第14条 利用者は、施設等の利用が終わったとき、又は第11条の規定により利用を停止され、若しくは利用の許可を取り消されたときは、直ちに施設等を原状に復さなければならない。

2 前項の義務を履行しない場合は、市長が代わってこれを執行し、利用者は、その費用を弁償しなければならない。

(損害賠償の義務)

第15条 会館の施設又は設備その他の物件を故意又は過失によりき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第16条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大田市民会館設置条例(昭和38年大田市条例第24号)又は大田市民会館使用条例(昭和38年大田市条例第25号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年条例第1号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第7号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第12条関係)

区分\時間

午前

午後

夜間

昼間

午後

夜間

全日

午前9時~正午

午後1時~午後5時

午後6時~午後10時

午前9時~午後5時

午後1時~午後10時

午前9時~午後10時

大ホール

12,420

18,576

24,840

29,808

37,260

49,680

中ホール

6,156

7,776

9,288

12,420

15,120

18,576

1号室

3,024

3,672

3,996

5,940

6,804

9,288

1号室(中割使用)

1,512

1,728

2,052

2,916

3,348

4,644

応接室

2,160

2,376

2,808

3,996

4,644

6,156

2・3号室

1,512

1,620

1,728

2,592

3,024

4,104

展示室

1,512

1,728

2,052

2,916

3,348

4,644

楽屋1

648

756

972

1,080

1,512

2,052

楽屋2

216

324

432

648

756

972

備考

1 入場料又はこれに類するものを徴収する場合の利用料金は、この表に定める利用料金の2割相当額を加算する。

2 営利を目的として利用する場合の利用料金は、入場料等の徴収の有無にかかわらずこの表に定める利用料金の10割相当額(市外のものが利用する場合にあっては、20割相当額)を加算する。

3 土曜日、日曜日又は休日(国民の祝日に関する法律に規定する休日をいう。)に利用する場合の利用料金は、この表に定める利用料金(1又は2の規定により加算した場合は、その加算した額を含む。)の2割相当額を加算する。

4 この表に定める利用時間を超えて施設を利用する場合の利用料金は、この表に定める利用料金(1から3までの規定により加算した場合は、その加算した額を含む。)に1時間までごとに、当該利用料金の1時間当たりの額を加算する。

5 大ホール又は中ホールを準備又は後片付けのために利用する場合の利用料金は、この表に定める利用料金(1から3までの規定により加算した場合は、その加算した額を含む。)の5割相当額とする。

6 冷暖房設備を利用する期間において、同装置を利用する場合の冷暖房料は、この表に定める利用料金の5割相当額とする。

7 前各号により算定した額に1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

8 利用料金の額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

別表第2(第12条関係)


種別

名称

単位

料金

超過時間1時間当たり

附属設備器具

照明設備器具

ボーダーライト

1列1回

1,026

108

アッパーホリゾントライト

1列1回

1,296

108

ロアーホリゾントライト

1列1回

1,026

108

シーリングライト

1台1回

324

54

フロントサイドライト

1台1回

324

54

サスペンションライト

1台1回

324

54

正面フットライト

1列1回

1,026

108

花道フットライト

1列1回

486

108

ピンスポット(2KWクセノン)

1台1回

2,592

540

ピンスポット(1KWハロゲン)

1台1回

648

108

ステージスポットライト

1台1回

324

54

プロジェクタースポットライト

1台1回

378

0

パーライト(1000w)

1台1回

324

54

パーライト(500w)

1台1回

162

54

フラッドライト

1列1回

507

108

ブラックライト

1台1回

1,026

108

エリプソイダルスポットライト

1台1回

216

54

ミラーボール

1台1回

648

108

エフェクトマシン

1台1回

648

0

種板

1枚1回

108

0

先玉

1台1回

216

0

ストロボスコープ

1台1回

324

54

ACLビーム

1式1回

324

54

ムービングスポットライト

1台1回

648

108

スモークマシン

1台1回

1,296

(消耗品実費別)

0

ドライアイスマシン

1台1回

1,026

0

コンセント

1KW1回

108

0

大ホールAセット

1回

6,048

432

大ホールBセット

1回

5,940

432

大ホールCセット

1回

11,448

864

中ホール照明セット

1回

4,028

216

音響設備器具

大ホール拡声装置

1式1回

3,888

216

カセットテープレコーダー

1台1回

1,296

108

デジタル録音再生機

1台1回

1,944

108

コンデンサーマイク

1本1回

648

108

ダイナミックマイク

1本1回

378

108

ワイヤレスマイク

1本1回

648

108

ワイヤレス受信機

1式1回

1,296

108

エフェクトマシン

1台1回

1,296

108

3点吊りマイク装置

1式1回

1,296

216

ステージスピーカーA

1台1回

1,296

108

ステージスピーカーB

1台1回

2,592

216

フォールドバックスピーカー

1台1回

648

108

可搬型拡声装置

1式1回

648

108

可搬型ミキサー卓

1台1回

1,296

108

可搬型カセットテープレコーダー

1台1回

1,296

108

中ホール拡声装置

1式1回

1,296

108

舞台設備

フルコンサートピアノA

1台1回

12,960

1,080

フルコンサートピアノB

1台1回

5,184

540

音響反射板(天反ライトを含む。)

1式1回

6,480

540

大ホールプロジェクター

1台1回

4,406

540

中ホールプロジェクター

1台1回

2,775

324

大ホールスクリーン

1式1回

1,296

216

中ホールスクリーン

1式1回

648

108

音響関係コンセント

1KW1回

108

0

舞台大・小道具

平台

1枚1回

216

0

開足

1台1回

54

0

箱足

1台1回

54

0

演卓

1卓1回

378

0

花台

1台1回

162

0

司会者卓

1卓1回

108

0

譜面台

1台1回

54

0

舞台用椅子

1脚1回

54

0

備考

1 午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)、夜間(午後6時から午後10時まで)の利用区分をもってそれぞれ1回とする。

2 拡声装置一式には、ダイナミックマイク1本を含む。

3 利用料金の額には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

大田市民会館の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第138号

(平成26年4月1日施行)