○大田市生活改善センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第119号

(管理人)

第2条 大田市生活改善センター(以下「センター」という。)に管理人を置くことができる。

2 管理人は、センターの保全管理及び使用に関する事務を行う。

(使用許可申請)

第3条 条例第4条の規定によりセンターの使用許可を受けようとする者は、その前日までに使用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(許可書の交付)

第4条 市長は、前条の使用申請書の提出があったときは、その内容を審査し適当と認めるときは、使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(遵守事項)

第5条 前条の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 責任者を定めること。

(2) 施設及び備品の保全に努めること。

(3) 火気使用及び喫煙は、所定の場所以外においてしないこと。

(4) 暖房、光熱、喫煙等の器具を使用した場合は、特に終了後の点検を厳重に行うこと。

(5) 使用前の準備及び後片付けは、管理人の指示に従い使用者において行い、終了後は管理人の検査を受けること。

(管理人の立会い)

第6条 センターを使用して行うすべての行事(以下「行事」という。)に、管理人は、自由に立ち会い、必要によっては、指導、助言をすることができる。

2 管理人は、行事の概要を行事及び使用簿(様式第3号)に記載しておかなければならない。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

大田市生活改善センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第119号

(平成17年10月1日施行)