○大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第122号

(趣旨)

第1条 この規則は、大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例(平成17年大田市条例第153号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の手続)

第2条 大田市共同作業所(以下「作業所」という。)を使用しようとする者は、その7日前までに指定管理者に申し出てその許可を受けなければならない。

(使用者の遵守事項)

第3条 作業所を使用する者(以下「使用者」という。)は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 責任者を定めること。

(2) 作業所及び備品の保全に努めること。

(3) 作業上火気を使用した場合は、特に終了後の点検を厳重に行うこと。

(4) 使用前の準備及び後片付けは、使用者において行い、常に整理整とんをしておくこと。

(使用記録)

第4条 指定管理者は、使用状況を別記様式により記録しておかなければならない。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第12号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第122号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第2節
沿革情報
平成17年10月1日 規則第122号
平成18年3月23日 規則第12号