○大田市生産物直売所の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第154号

(設置)

第1条 農林水産物等の特産品、加工品を販売し、もって農林水産業者等の生産意欲の向上と地域の活性化を図るため、またこれに加え、道路利用者等のための休憩機能及び情報発信機能を備えた「道の駅」として、大田市生産物直売所(以下「直売所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 直売所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

ロード銀山

大田市久手町刺鹿1945番地1

(構成)

第2条の2 直売所は、次の各号に掲げる施設をもって構成する。

(1) レストラン棟

(2) 生産物直売棟

(3) トイレ棟

(4) 駐車場

(指定管理者による管理)

第3条 直売所の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者にこれを行わせることができる。

(指定管理者の行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 直売所の維持管理に関する業務

(2) 直売所の運営に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(開館時間)

第5条 直売所の開館時間は、午前9時から午後7時までとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、開館時間を変更することができる。

(休館日)

第6条 直売所の休館日は、水曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)とする。

2 指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、休館日に開館し、又は開館日に休館することができる。

(行為の制限)

第7条 直売所において次の各号のいずれかに掲げる行為をしようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

(1) 広告物を表示し、又は宣伝活動をすること。

(2) 物品の販売その他の営業行為をすること。

(3) 集会、展示会その他の催しをすること。

(損害賠償の義務)

第8条 直売所の施設又は設備その他の物件を故意又は過失によりき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の生産物直売所の設置及び管理に関する条例(平成3年大田市条例第20号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年条例第1号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年条例第23号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

大田市生産物直売所の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第154号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第2節
沿革情報
平成17年10月1日 条例第154号
平成18年2月21日 条例第1号
平成22年9月30日 条例第23号