○大田市遊漁対策管理所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第140号

(管理人)

第2条 大田市遊漁対策管理所(以下「施設」という。)に管理人を置く。

2 管理人は、施設の保全管理及び使用に関する事務を行う。

(使用許可申請)

第3条 条例第3条の規定により施設の使用許可を受けようとする者は、遊漁対策管理所使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(使用許可)

第4条 市長は、前条の使用許可申請書の提出があったときは、その内容を審査し適当と認めるときは、遊漁対策管理所使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(損傷等の届出)

第5条 施設を汚損し、損傷し、又は滅失したものは、直ちに市長に届け出なければならない。

(遵守事項)

第6条 施設を使用する者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 他の者に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(2) 公の秩序又は善良な風俗に反する行為をしないこと。

(3) 他人に危害を及ぼすもの又はそのおそれのあるものを携帯しないこと。

(4) 使用許可を受けた場所以外の場所に立ち入り、又は使用しないこと。

(5) 許可を受けずに広告物等を掲示し、又は頒布しないこと。

(6) その他施設の管理上必要な事項

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

画像

画像

大田市遊漁対策管理所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第140号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第6節
沿革情報
平成17年10月1日 規則第140号