○大田市さんべ山の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第149号

(行為の許可の申請)

第2条 条例第3条第1項の許可を受けようとする者は、行為許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(行為の許可)

第3条 市長は、前条の許可をしたときは、行為許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(利用の許可の申請)

第4条 条例第4条第1項の許可を受けようとする者は、施設利用許可申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(利用の許可)

第5条 市長は、前条の許可をしたときは、施設利用許可書(様式第4号)を申請者に交付するものとする。

(利用料金の還付)

第6条 条例第8条ただし書に規定する利用料金の還付については、次の各号に定めるところによる。

(1) 前条の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、その者の責めに帰することができない理由により施設を利用することができなくなったとき又は利用者が、利用開始の日の前日から起算して7日前までに施設を利用しない旨の申出をしたときは、利用料金の全額還付する。

(2) 利用者が、利用開始の日の前日から起算して6日前から3日前までに施設を利用しない旨の申出をしたときは、利用料金の半額を還付する。

2 利用料金の還付を受けようとする者は、利用料金還付請求書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(遵守事項)

第7条 利用者は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 他の利用者及び団体に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(2) 動物類及び危険物の持込行為をしないこと。

(3) 施設の器具、備品等の破壊するおそれのある行為をしないこと。

(4) 火災発生のおそれのある行為をしないこと。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

大田市さんべ山の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第149号

(平成17年10月1日施行)