○大田市女性・若者等活動促進施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第192号

(設置)

第1条 地域の歴史及び文化の伝承活動を促進し、女性や若者等が活力ある地域づくりを行うための拠点として、大田市女性・若者等活動促進施設(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

コミュニティよずくの里

大田市温泉津町西田620番地3

(指定管理者による管理)

第3条 施設の管理は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者にこれを行わせることができる。

(指定管理者の行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の維持管理に関する業務

(2) 施設の利用申請の受付及び利用の許可に関する業務

(3) 利用料金の徴収に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(開館時間)

第5条 施設の開館時間は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、開館時間を変更することができる。

(利用の許可)

第6条 施設を利用しようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、施設の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(利用の制限)

第7条 指定管理者は、利用の目的及び方法が次の各号のいずれかに該当するときは、利用の許可をしないものとする。

(1) 公の秩序又は善良な風俗に反するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設を損壊するおそれがあると認められるとき。

(3) その他施設の管理上支障があると認められるとき。

(許可の取消し等)

第8条 指定管理者は、第6条第1項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するとき又は施設の管理上特に必要があると認めるときは、施設の利用許可を取り消し、又は利用の方法を制限することができる。

(1) 許可された利用目的以外に施設を利用したとき。

(2) 許可に基づく権利を譲渡し、又は他人に施設を利用させたとき。

(3) その他この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(利用料金)

第9条 利用者は、指定管理者に利用料金を納付しなければならない。

2 利用料金は、別表に定める額を上限として、指定管理者が、市長の承認を得て定める額とする。

3 市長は、指定管理者に、利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(利用料金の減免)

第10条 指定管理者は、公益上特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の還付)

第11条 既に納付した利用料金は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責めに帰することができない理由により施設等を利用することができなくなったとき。

(2) 管理上特に必要があるため、第8条の規定により許可を取り消したとき。

(3) 利用者が、利用開始の前日までに利用の中止を申し出たとき。

(損害賠償の義務)

第12条 故意又は過失により施設又は設備その他の物件をき損し、汚損し、又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の温泉津町女性・若者等活動促進施設設置及び管理に関する条例(平成13年温泉津町条例第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年条例第1号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年条例第37号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

室名

利用区分

昼間(午前8時30分から午後5時まで)

夜間(午後5時から午後10時まで)

全日(午前8時30分から午後10時まで)

多目的研修室

1,512円

2,160円

3,240円

研修・休憩室

756円

1,080円

1,620円

調理実習室

756円

1,080円

1,620円

特産物製造開発室

756円

1,080円

1,620円

備考

1 商品見本市、展示会等の営業行為又は宣伝を目的とする商業活動のため使用する場合は、表に掲げる金額の10割相当額を加算する。

2 冷暖房設備を使用する場合は、5割相当額を加算する。ただし、その額に1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

3 利用料金には、消費税及び地方消費税相当額を含む。

大田市女性・若者等活動促進施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第192号

(平成26年4月1日施行)