○大田市観光誘客支援事業補助金交付要綱

平成23年6月24日

告示第84号

(趣旨)

第1条 大田市の観光資源の活用により、観光地としての魅力を高め、大田市への観光客の誘致及び滞在化を促進することを目的として、大田市観光誘客支援事業補助金(以下「補助金」という。)を予算の範囲内で交付するものとし、その交付については、大田市補助金等交付規則(平成17年大田市規則第45号)に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(補助対象者)

第2条 補助金の交付対象となる者は、次の各号に掲げる団体とする。

(1) 大田市の観光振興に関わる民間団体(観光協会、商工会議所、商工会、旅館組合、旅行業者、運輸機関、NPO法人等をいう。)

(2) 上記の民間団体で構成された実施団体

(3) その他、市長が適当と認める団体

(補助対象事業)

第3条 補助金の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、次の各号に掲げる事業とする。

(1) 新たな体験メニュー創出事業(自然や歴史、文化など大田市の観光資源を活用した、魅力ある体験メニューを創出する事業をいう。)

(2) 滞在化促進イベント事業(継続性があり、滞在化を促進する朝夕夜に開催するイベント事業をいう。)

(3) 旅行商品造成事業(地域資源を活用したテーマ性のある旅行商品の造成及び実証(モニターツアー)事業をいう。)

(4) その他市長が特に必要と認める事業

(補助対象経費)

第4条 補助金の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助対象事業を実施するために要する経費であって、市長が必要かつ適当と認めるものとする。

(補助率及び補助限度額)

第5条 補助対象経費に係る補助金の額は、補助対象経費の3分の2(市長が特に必要と認めるものについては10分の10)以内の額とし、100万円を上限とする。

(他の補助金等との調整)

第6条 補助対象事業が、大田市の他の補助金等の対象となって補助金等の交付を受けた事業等と同一又は一体であると認められる場合には、補助金の交付は行わないものとし、既に交付の決定をしているときは、その決定を取り消すものとする。ただし、市長が特別な事情があると認めたときは、この限りでない。

附 則

1 この告示は、平成23年6月24日から施行し、平成23年6月1日から適用する。

2 この告示は、平成30年3月31日限り、その効力を失う。

附 則(平成25年告示第69号)

この告示は、平成25年4月10日から施行する。

附 則(平成26年告示第18号)

この告示は、平成26年3月24日から施行する。

附 則(平成26年告示第121号)

この告示は、平成26年10月2日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成28年告示第55号)

この告示は、平成28年3月31日から施行する。

大田市観光誘客支援事業補助金交付要綱

平成23年6月24日 告示第84号

(平成28年3月31日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成23年6月24日 告示第84号
平成25年4月10日 告示第69号
平成26年3月24日 告示第18号
平成26年10月2日 告示第121号
平成28年3月31日 告示第55号