○大田市仁摩地区道の駅整備推進委員会設置要綱

平成28年8月3日

告示第113号

(目的)

第1条 当市に新たな道の駅を整備するにあたり、その具体的内容について協議し適正に推進するため、大田市仁摩地区道の駅整備推進委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について調査・検討及び協議を行い、意見を述べるものとする。

(1) 道の駅の整備に関すること。

(2) 道の駅の運営に関すること。

(3) その他道の駅の整備推進に必要と認める事項。

(組織)

第3条 委員会は、委員15名以内で組織し、農林水産業関係者、商工観光業関係者、学識経験を有する者、その他市長が適当と認める者の中から市長が委嘱する。

2 委員会に、委員長及び副委員長を置く。

3 委員長は、委員の互選によって定め、副委員長は委員のうちから委員長が指名する。

4 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

(任期)

第4条 委員の任期は、第2条の所掌事項の検討が終了するまでとする。

(会議)

第5条 委員会の会議は、委員長が招集し、議長となる。

2 委員会の会議は、委員の半数以上が出席しなければこれを開くことができない。

3 委員会の議事は、会議の出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 委員長が必要と認めるときは、関係者の出席若しくは資料の提出を求め、また、関係者から意見若しくは説明を聴くことができる。

(事務局)

第6条 委員会の事務局を、産業振興部道の駅推進室に置く。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が会議に諮って定める。

附 則

1 この告示は、平成28年8月3日から施行する。

2 大田市道の駅整備検討委員会設置要綱(平成27年大田市告示第97号)は、廃止する。

大田市仁摩地区道の駅整備推進委員会設置要綱

平成28年8月3日 告示第113号

(平成28年8月3日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第8節 地域振興
沿革情報
平成28年8月3日 告示第113号