○大田市山村留学センター事業実施要綱

平成17年10月1日

教育委員会告示第10号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大田市山村留学センターの設置及び管理に関する条例(平成17年大田市条例第88号)に定めるもののほか、大田市山村留学センター(以下「センター」という。)において実施する事業(以下「事業」という。)の円滑な推進を図るため、必要な事項を定めるものとする。

(参加者募集)

第2条 センターは、事業の参加者(以下「参加者」という。)を募集するときは、広く市内外にその内容を周知し、センターの設置目的の達成に努めるものとする。

2 参加者の募集に関して必要な事項は、毎年度、教育長が別に定める。

(参加申込み)

第3条 事業に参加しようとする者は、別に定める参加申込書を教育長に提出しなければならない。

2 教育長は、必要があると認めるときは、前項の参加申込書を提出した者(以下「申込者」という。)に対し、必要な書類の提示又は提出を求め、若しくは面接を求めることができる。

(参加者の決定)

第4条 教育長は、参加申込書の提出があったときは、その記載内容、前条第2項の規定により提出された書類の内容及び面接の内容を勘案の上、参加者を決定するものとする。

2 教育長は、参加者を決定したときは、速やかにその旨を申込者に通知するものとする。

(経費の負担)

第5条 参加者は、別表に定める経費を、同表に定める納期限までに納付しなければならない。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施について必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の大田市山村留学センター事業実施要綱(平成15年大田市教育委員会告示第14号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年教委告示第3号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

金額

備考

納期限

長期ふるさと体験事業

月額

1人当たり

小学生 48,858

中学生 51,018

ただし、8月分を除く。月の中途において参加を始め、又は終了する場合においても1月として計算する。

毎月月の始めから10日以内

特別活動費

(年額)

1人当たり

54,000

年の中途において参加を始め、又は終了する場合においても同額とする。

年度の始めから10日以内

備考

上記以外の事業の実施に必要な経費については、別に定める。

大田市山村留学センター事業実施要綱

平成17年10月1日 教育委員会告示第10号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会告示第10号
平成26年2月19日 教育委員会告示第3号