○大田市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第78号

(浴場の使用)

第2条 浴場の開場日及び開場時間は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、開場日及び開場時間を変更することができる。

名称

開場日

開場時間

大田老人福祉センター

指定管理者が別に定める日

午前9時30分から午後3時まで

仁摩老人福祉センターびしゃもん

火・木・土・日曜日

午前11時から午後7時30分まで

(使用申請)

第3条 条例第7条の規定により大田老人福祉センター(以下「大田センター」という。)を使用しようとする者は、老人福祉センター使用申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

(使用許可)

第4条 大田センターの使用許可は、使用申請書が受理された順序による。ただし、指定管理者が特に必要と認めるときは、この限りでない。

2 指定管理者は、大田センターの使用を許可したときは、老人福祉センター使用許可証(様式第2号)を交付する。ただし、浴場の使用に係る許可は、浴場の使用者から使用料を受領することにより許可に代えるものとする。

(利用申請)

第5条 条例第9条の規定により仁摩老人福祉センターびしゃもん(以下「仁摩センター」という。)を利用しようとする者は、老人福祉センター利用申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。

(利用許可)

第6条 仁摩センターの利用許可は、利用申請書が受理された順序による。ただし、指定管理者が特に必要と認めるときは、この限りでない。

2 指定管理者は、仁摩センターの利用を許可したときは、老人福祉センター利用許可証(様式第4号)を交付する。ただし、浴場の利用に係る許可は、浴場の利用者から利用料金を受領することにより許可に代えるものとする。

(仁摩老人福祉センター利用資格者証)

第7条 条例別表に定める仁摩老人福祉センター利用資格者証(様式第5号)は、満65歳以上の希望者に交付するものとする。

(損傷又は滅失の届出)

第8条 老人福祉センターを使用する者は、建物若しくは設備を損傷し、又は滅失したときは、直ちにその旨を指定管理者に届け出なければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第12号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

大田市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第78号

(平成18年4月1日施行)