○大田市隣保館管理運営規則

平成17年10月1日

規則第84号

(趣旨)

第1条 大田市隣保館(以下「隣保館」という。)の管理運営については大田市隣保館条例(平成17年大田市条例第117号。以下「条例」という。)に定めるものを除くほか、この規則の定めるところによる。

(運営主体)

第2条 隣保館は、大田市が運営する。

(運営の方針)

第3条 隣保館の運営は、条例第3条各号に掲げる事業を行うためのコミュニティセンターとして、市民の生活課題に応じて長期展望の下に毎年度事業計画を策定し、その計画に基づいて事業を実施するものとする。

(職員)

第4条 隣保館に次の職員を置く。

(1) 館長 1人

(2) 指導職員 2人以内

(3) その他の職員 若干人

2 館長は、上司の命を受け隣保館の行う各種事業を企画実施するほか、館務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 指導職員及びその他の職員は、館長の命を受けて館務に従事する。

4 館長に事故があるとき、又は館長が不在のときは、指導職員がその事務を代行する。

5 館長及び職員は、非常勤とすることができる。

(使用の申請)

第5条 隣保館の使用の許可を受けようとする者は、使用日前2日までに隣保館使用許可申請書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、隣保館の処務については、大田市処務規程(平成17年大田市規則第7号)の例による。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成25年規則第13号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

画像

大田市隣保館管理運営規則

平成17年10月1日 規則第84号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 人権対策
沿革情報
平成17年10月1日 規則第84号
平成25年4月1日 規則第13号