○大田市職員の提案に関する規程

平成19年6月6日

訓令第13号

(趣旨)

第1条 この規程は、広く職員から事務事業等の改善に関する提案(以下「提案」という。)を募集し、その実現に努めることにより、多様化、高度化する行政需要への的確な対応及び職員の英知の結集による総合的な行財政改革の推進を図り、質の高い行政運営及び市民サービスの向上、大田市の発展に寄与することを目的とする。

(提案の内容)

第2条 提案は、職員の創意工夫による具体的かつ効果的なもので、次の各号に掲げるものでなければならない。

(1) 市民サービスの向上に役立つもの

(2) 事務能率が向上するもの

(3) 経費・コストの節減又は収入の増加に資するもの

(4) その他公益上有効であるもの

(提案の種類)

第3条 提案の種類は、次のとおりとする。

(1) 事務改善提案 既に実施されている業務の改善等に関する有意義な事例をいう。

(2) 自由提案 職員の自由な発想による新たな業務の改善等に関する有意義なアイディアをいう。

2 市長は、前項に定めるもののほか、職員の提案を奨励するために必要があるときは、特定のテーマを定めて提案を募集する。

(提案者の資格)

第4条 すべての職員は、単独又は共同で提案を行うことができる。

(提案の時期)

第5条 提案は、随時行うことができる。

2 市長は、前項の規定にかかわらず、必要であると認めるときは、期間を定めて特定の事項に関する提案を募集する。

(提案の手続)

第6条 提案をしようとする職員は、提案書(様式第1号)により、総務課(以下「事務局」という。)に提出しなければならない。

(提案の登録)

第7条 事務局は、前条の規定により提出された提案を、提案台帳(様式第2号)に登録するものとする。

(提案審査組織)

第8条 前条の規定により登録された提案の審査を、大田市行財政改革推進本部設置規程(平成17年大田市訓令第53号)の規定により設置する大田行財政改革推進本部(以下「推進本部」という。)で行うものとする。

(提案の審査及び報告)

第9条 推進本部は、第7条の規定により登録された提案について1次審査及び2次審査を行い、提案の内容が優れていると認められるもの(以下「上位提案」という。)を選考することとし、選考により上位提案となった中から特に提案の内容が優れていると認められるものを優秀提案として選考し、審査結果を市長に報告するものとする。

2 前項の審査は、別表に定める基準に従い、厳正公平に行わなければならない。

(採択提案の決定)

第10条 市長は、前条により報告を受けた上位提案又は優秀提案の中から採択する提案(以下「採択提案」という。)を定めることとする。

(結果の通知)

第11条 市長は、審査結果について、提案者全員及び当該提案を分掌する所属長に対し、提案審査結果通知書(様式第3号)により通知するものとする。

2 市長は、採択提案の提案者の所属長に対し、その結果を採択提案審査結果通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(提案の実施等)

第12条 市長は、採択提案の実施について、当該採択提案を分掌する所属長に対し、必要な措置を命ずるものとする。

2 前項の規程により、必要な措置を命じられた所属長は、対処方針を1月以内に市長に報告するものとする。

3 前項により対処方針を定めた所属長は、採択提案の実施に努めるとともに、必要に応じて予算確保に努めなければならない。

(提案の推進)

第13条 推進本部は、毎年度、提案についての推進月間を設け、提案制度についての周知及び啓発を図るものとする。

2 所属長は、その所属の職員が進んで提案を行うよう、適宜提案の奨励に努めなければならない。

(表彰)

第14条 市長は、特に優秀と認める提案の提案者を大田市職員表彰規程(平成17年大田市規則第35号)の規定に基づき表彰することができる。

(権利の帰属)

第15条 提出された提案に関するすべての権利は大田市に帰属する。

(補則)

第16条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、平成19年6月6日から施行する。

附 則(平成22年訓令第14号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第6号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

審査基準

採点項目

内容

基準(点)

認識度

現状及び問題点の認識について

非常によく認識されている

よく認識されている

認識されている

多少認識されている

あまり認識されていない

10

9

8

7

6

5

4

3

2

1

効果度

事務・作業能率の向上、市民サービス向上、経費の節減及び職員の士気の高揚について

効果が非常に高い

効果がかなり高い

効果が高い

効果が多少ある

効果がほとんどない

20

18

16

14

12

10

8

6

4

2

経済度

実施によって生じる経費等の効果について

著しく利益がある

非常に利益がある

利益がある

やや利益がある

利益が少ない

10

9

8

7

6

5

4

3

2

1

創造度

提案内容における創意工夫について

着想が新しく工夫が著しい

着想が独創的である

着想又は工夫が見られる

工夫又は改善のあとがある

既存事業の応用である

10

9

8

7

6

5

4

3

2

1

重要度

市の政策形成等に関わる重要性について

著しく重要性がある

非常に重要性がある

重要性がある

やや重要性がある

重要性が少ない

20

18

16

14

12

10

8

6

4

2

実現度

実現の可能性及び実現のための手法の優劣について

実現性が高く、実現のための手法が非常に優れている

実現性が高く、実現のための手法がかなり優れている

実現性が高く、実現のための手法が優れている

実現性は高いが、実現のための手法に検討の余地がある

実現性が低い

10

9

8

7

6

5

4

3

2

1

総合評価

総合的に見た提案の評価

非常に評価できる提案である

評価できる提案である

一定程度評価できる提案である

あまり評価できない提案である

評価できない提案である

20

18

16

14

12

10

8

6

4

2

画像

画像

画像

画像

大田市職員の提案に関する規程

平成19年6月6日 訓令第13号

(平成24年4月1日施行)