○大田市石見銀山拠点施設の設置及び管理に関する条例施行規則

平成20年10月7日

教育委員会規則第10号

(利用の許可)

第2条 条例第10条の規定により利用の許可を受けようとする者は、あらかじめ利用許可申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の申請を許可したときは、利用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(利用後の清掃)

第3条 条例第10条第1項の許可を受けた者は、施設等の利用を終えたときは清掃及び後片付けをした後、指定管理者の検査を受けなければならない。

(利用料金の減額又は免除)

第4条 次の各号に掲げるものは、条例第15条の規定により指定管理者が利用料金から当該各号に定める額を減額し、又は免除(以下「減免」という。)することができる。

(1) 大田市石見銀山拠点施設(以下「拠点施設」という。)の利用を促進すると認められるもの 指定管理者が大田市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)の承認を得て別に定める額

(2) 小学校、中学校、高等学校又はこれらに準ずる学校が編成した教育課程に基づく活動と認められるもの 利用料金の額の全額

(3) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者が特別の理由があると認めるもの 指定管理者が教育長の承認を得て別に定める額

(観覧料の減免)

第5条 次の各号に掲げるものは、条例第15条の規定により指定管理者が観覧料から当該各号に定める額を減免することができる。

(1) 小学校の児童、中学校及び高等学校の生徒又はこれらに準ずる者で、学校が編成した教育課程に基づく活動により教職員に引率されて観覧するもの 観覧料の額の全額

(2) 前号に掲げるものを引率する教職員 観覧料の額の全額

(3) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の身体障害者手帳、療育手帳(知的障害者の福祉の充実を図るため、児童相談所又は知的障害者厚生相談所において知的障害者と判定された者に対して交付される手帳で、その者の障害の程度その他の事項の記載があるものをいう。)又は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者 観覧料の額の全額

(4) 前号に掲げる者の介護者(原則として介護を受ける者と同じ人数までに限る。) 観覧料の額の全額

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者が特別の理由があると認めるもの 指定管理者が教育長の承認を得て別に定める額

(利用料金等の減免申請)

第6条 前2条の規定により使用料及び観覧料の減免を受けようとする者は、あらかじめ利用料金減免申請書(様式第3号)又は観覧料減免申請書(様式第4号)を指定管理者に提出し、指定管理者の承認を受けなければならない。ただし、前条第3号及び第4号に掲げる者並びに同条第5号に掲げる者で指定管理者が教育長の承認を得て別に定めるものについては、この限りでない。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成20年10月20日から施行する。

附 則(平成22年教委規則第12号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

大田市石見銀山拠点施設の設置及び管理に関する条例施行規則

平成20年10月7日 教育委員会規則第10号

(平成23年4月1日施行)