○大田市町並み交流センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第39号

(使用の許可)

第2条 条例第7条の規定により大田市町並み交流センター(以下「交流センター」という。)の施設及び設備(以下「施設等」という。)の使用の許可を受けようとする者は、使用許可申請書(様式第1号)を大田市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の申請を許可したときは、使用許可証(様式第2号)を交付するものとする。

(使用料の減免)

第3条 条例第11条ただし書の規定により使用料の減免を受けようとする者は、前条の使用許可申請書を提出する際、使用料減免申請書(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

(使用後の清掃)

第4条 条例第7条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、施設等の使用を終えたときは清掃及び後片付けをした後、職員の検査を受けなければならない。

(使用者等の遵守事項)

第5条 使用者及び交流センターに入場する者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 施設等を汚損し、損傷し、又は滅失するおそれのある行為をしないこと。

(2) 他人の迷惑になるような行為をしないこと。

(3) 所定の場所以外において火気を使用しないこと。

(4) その他施設の管理上支障となるような行為をしないこと。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、交流センターの管理に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

大田市町並み交流センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第39号

(平成17年10月1日施行)